当ブログ使用テーマSWELL公式

三上延 著 メディアワークス文庫【ビブリア古書堂の事件手帖4~栞子さんと二つの顔~】感想・レビュー【殺人のないミステリ】

三上延 著 メディアワークス文庫【ビブリア古書堂の事件手帖4~栞子さんと二つの顔~】感想・レビュー【殺人のないミステリ】
  • URLをコピーしました!
【ビブリア古書堂の事件手帖4】は
こんな方におすすめ!
  • シリーズ物に挑戦したい方
  • 殺人事件がない謎解きが読みたい方
  • 色々なドキドキを感じたい方
Amazonプライム

Amazonプライム会員になると、本は読み放題、映画は見放題になるものがたくさんあります!

無料体験のために登録してすぐに解約手続きをしても、30日間は会員と同じように作品を観たり読んだりすることが可能です。

Amazonプライム「30日間の無料体験」はこちら
Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedは、本に特化したAmazonの読み放題のプランです!

200万冊以上の本が読み放題になります♪

無料体験のために登録してすぐに解約手続きをしても、30日間は会員と同じように作品を読むことができます。

Kindle Unlimited「30日間の無料体験」はこちら
記事の内容

ビブリア古書堂の事件手帖4【あらすじ】

珍しい古書に関する特別な相談ーー謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の2人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。

その家には驚くべきものが待っていた。

稀代の探偵、推理小説作家、江戸川乱歩の膨大なコレクション。

それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けて欲しいという。

金庫の謎には乱歩作品を取り巻く人々の数奇な人生が絡んでいた。そして深まる謎はあの人物までも引き寄せる。

美しき女店主とその母、謎解きは2人の知恵比べの様相を呈してくのだがー〈概要欄、引用〉

ビブリア古書堂の事件手帖4【ネタバレなし感想・レビュー】

三上延さんのビブリア古書堂シリーズ4作目。

今回は江戸川乱歩の膨大で希少な古書のコレクションの謎。

それを取り巻く人達の数奇な人生も絡んでくる、読み応えたっぷりの長編ミステリ。

もっと引っ張るかなと思っていた前作からの疑惑や伏線が序盤であっさり回収されたが、「栞子」の母、「智恵子」の登場で納得。

シリーズでは初めての再会となり、謎解きの知恵比べとなるのだが、なんだか智恵子の存在がずっと怖くてドキドキしながら読んでいた。

そして、「栞子」と「大輔」の距離感もグッと近くなり、違う意味でドキドキさせられた。

最後に新たな疑惑を残して終わって、次回作も直ぐ読みたくなる満足の一冊。

メタトロン

よみかつぶろぐ的総評

ビブリア古書堂の事件手帖4
低評価
高評価

ビブリア古書堂の事件手帖4【みんなのつぶやき・感想】

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

【ビブリア古書堂の事件手帖】はドラマ化されています!

【ビブリア古書堂の事件手帖】その他のシリーズ記事はこちら

クリックすると読みたい記事にジャンプします

当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品をご紹介、適格販売により収入を得ています。

三上延 著 メディアワークス文庫【ビブリア古書堂の事件手帖4~栞子さんと二つの顔~】感想・レビュー【殺人のないミステリ】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
記事の内容