当ブログ使用テーマSWELL公式

青柳碧人 著 光文社【スカイツリーの花嫁花婿】感想・レビュー【殺人のないミステリ】

青柳碧人 著 光文社【スカイツリーの花嫁花婿】感想・レビュー【殺人のないミステリ】
  • URLをコピーしました!
【スカイツリーの花嫁花婿】は
こんな方におすすめ!
  • 殺人事件がない謎解きが読みたい方
  • 登場人物が多くても大丈夫な方
  • どんでん返しが好きな方
Amazonプライム

Amazonプライム会員になると、本は読み放題、映画は見放題になるものがたくさんあります!

無料体験のために登録してすぐに解約手続きをしても、30日間は会員と同じように作品を観たり読んだりすることが可能です。

Amazonプライム「30日間の無料体験」はこちら
Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedは、本に特化したAmazonの読み放題のプランです!

200万冊以上の本が読み放題になります♪

無料体験のために登録してすぐに解約手続きをしても、30日間は会員と同じように作品を読むことができます。

Kindle Unlimited「30日間の無料体験」はこちら
記事の内容

青柳碧人 スカイツリーの花嫁花婿【あらすじ】

スカイツリーは誰がハッピーエンドになるかを見守っている。

そんな街で、色々事を抱えた恋する男と女が、自分を変えるため、そして幸せを掴むため、右往左往する。

誰かには些細な出来事だった事が、別の誰かには人生を帰る大きな出来事として返ってくる・・・・かもしれない。

「犯人当て」ならる、前代未聞の「花嫁花婿当て」

果たして、幸せな結婚を手にするのは誰と誰なのか!?

【青柳碧人】

青柳さんの作品は本作で3冊目で図書館本で読了。

前の2冊は代表作となった「むかしむかしあるところに、死体がありました」「赤ずきん、旅の途中で死体にであう。」

昔話や童話の主人公達が犯罪をを犯したり、解決したりと、斬新な物語で、本屋大賞にもノミネートされた話題の2作品だ。

そして、最新作の本作。

あらすじだけなら恋愛ものと思ってしまったが、それだけではない、作者ならではの書評泣かせのミステリでした。

青柳碧人 スカイツリーの花嫁花婿【感想・レビュー】

感想としてはかなり面白かった。

序盤から「花嫁花婿当て」の意味を忘れさせるような、スカイツリーの下の街でおきた、不思議で奇跡的な人達の出会い、別れ、そして再会する、のザッピング感を楽しむ事になる。

終盤になると、本格ミステリに欠かせない、犯人を追い詰める解決編のような「花嫁花婿当て」の幕が上がる。

そうなると、もう読み返さないと気になってしょうがなくなる。

「え!この人とこの人が!?」「この人、ここに関わっていた人!?」と実は色々な多数の伏線が張られていて、そして回収されていくのが見事。

完全に騙されてしまった。

自分はまだ「この人達どうなったの?」や「結局あの人は誰なの?」のように感じる所もあり、全て回収出来なかった所もあるので、時間のある方は、ぜひ読み込んで、この作品を余す事なく楽しんで欲しい。

そして、出来るなら読んだ人同士で書評、考察したくなる作品でした。

メタトロン

よみかつぶろぐ的総評

スカイツリーの花嫁花婿
低評価
高評価

ダチョウ少女

感想・レビューで書いた「結局あの人誰なの?」の1人。

ダチョウ少女。

主要な人物の前に突然現れて、出会いを促したり、一歩踏み出すための一言を言って背中を押してあげたりと、何処かキューピット的な人物

結局、人なのか、妄想の存在なのか、本当に天使なのか、何だったかはわからないけど、現実味のある登場人物のストーリーの中に、こういう不思議な存在が登場してるのも、この作品を面白くしている一つかもしれない。

青柳碧人 スカイツリーの花嫁花婿【みんなのつぶやき・感想】

https://twitter.com/kaiware_dokusyo/status/1405165231479742473?s=20
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

青柳碧人 その他のおすすめ作品

当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品をご紹介、適格販売により収入を得ています。

青柳碧人 著 光文社【スカイツリーの花嫁花婿】感想・レビュー【殺人のないミステリ】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
記事の内容