当ブログ使用テーマSWELL公式

井上真偽 著 講談社【恋と禁忌の述語論理】感想・レビュー【メフィスト賞受賞作】

井上真偽 著 講談社【恋と禁忌の述語論理】感想・レビュー【メフィスト賞受賞作】
  • URLをコピーしました!
【恋と禁忌の述語論理】は
こんな方におすすめ!
  • メフィスト賞が好きな方
  • 理系ミステリが好きな方
  • 理解出来なくても読み進められる方
Amazonプライム

Amazonプライム会員になると、本は読み放題、映画は見放題になるものがたくさんあります!

無料体験のために登録してすぐに解約手続きをしても、30日間は会員と同じように作品を観たり読んだりすることが可能です。

Amazonプライム「30日間の無料体験」はこちら
Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedは、本に特化したAmazonの読み放題のプランです!

200万冊以上の本が読み放題になります♪

無料体験のために登録してすぐに解約手続きをしても、30日間は会員と同じように作品を読むことができます。

Kindle Unlimited「30日間の無料体験」はこちら
記事の内容

井上真偽 恋と禁忌の述語論理【あらすじ】

それは「推理」でなく「検証」。

探偵を補完するもう一つの存在・推理の「検証者(ベリファイア)」見参!

大ヒット『その可能性はすでに考えた』はここから始まった!?

雪山の洋館での殺人。

犯人双子のどちらか。

なのにいずれが犯人でも矛盾。

この不可能な事件を奇跡の存在を信じる探偵・上笠丞(うえおろじょう)が見事解決

ーと思いきや、癒し系天才美人学者の硯(すずり)さんは、その推理を「数理倫理学」による検証でひっくり返す!!

他にも個性豊かな名探偵達が続々登場。

名探偵を脅かす推理の検証者、誕生!

〈Amazon引用〉

井上真偽 恋と禁忌の述語論理【ネタバレなし感想・レビュー】

ずっと井上真偽さんの作品を読みたくて、せっかく読むならメフィスト賞をとったデビュー作からと思い電子書籍で読了。

これがデビュー作なの⁉︎と思わせるすごい作品。

もう、この次に出された「その可能性はすでに考えた」も読みたくなってしまった。

とにかく癒し系天才美人学者の硯(すずり)さんがズルいくらいにカワイイ。

天然なのか計算なのか、硯さんの動作、言動に今作の語り手で甥の「森帖詠彦」に自分もドキドキさせられた。

難しいし話もいっぱい出てくるが、解説もわかりやすくストーリーもしっかり追えた。

しかしラストは次回作に繋がるのだろうか?

メタトロン

よみかつぶろぐ的総評

恋と禁忌の述語論理
低評価
高評価

井上真偽 恋と禁忌の述語論理【みんなのつぶやき・感想】

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

井上真偽 その他のおすすめ作品

当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品をご紹介、適格販売により収入を得ています。

井上真偽 著 講談社【恋と禁忌の述語論理】感想・レビュー【メフィスト賞受賞作】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
記事の内容