当ブログ使用テーマSWELL公式

伊予原新 著 新潮社【八月の銀の雪】感想・レビュー【本屋大賞ノミネート作】

伊予原新 著 新潮社【八月の銀の雪】感想・レビュー【本屋大賞ノミネート作】
  • URLをコピーしました!
【八月の銀の雪】は
こんな方におすすめ!
  • 本屋大賞ノミネート作から選びたい方
  • 理系の話が好きな方
  • 温かく、ほっこりしたお話が好きな方
Amazonプライム

Amazonプライム会員になると、本は読み放題、映画は見放題になるものがたくさんあります!

無料体験のために登録してすぐに解約手続きをしても、30日間は会員と同じように作品を観たり読んだりすることが可能です。

Amazonプライム「30日間の無料体験」はこちら
Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedは、本に特化したAmazonの読み放題のプランです!

200万冊以上の本が読み放題になります♪

無料体験のために登録してすぐに解約手続きをしても、30日間は会員と同じように作品を読むことができます。

Kindle Unlimited「30日間の無料体験」はこちら
記事の内容

伊予原新 八月の銀の雪【あらすじ】

耳を澄ませていよう。

地球に奥底で大切な何かが静かに降り積もる音にー。

無愛想で手際が悪い。

コンビニのベトナム人店員グエンが、就活連敗中の理系大学生、堀川に見せた驚きの真の姿。『八月の銀の雪』

子育てに自信がもてないシングルマザーが、博物館勤めお女性に聞いた深海の話。

深い海の底で鯨に想いを馳せて・・・・。『海に還る日』

原発の下請け会社を辞め、心赴くまま一人旅をしていた辰郎は、茨城の海岸で凧揚げをする老人の男に出会う。

男の父親が太平洋戦争で果たした役目とは。『十万年の西風』

科学の揺るぎない真実が、人知れず傷ついた心に希望の灯りをともす5篇。

〈Amazon引用〉

伊予原新 八月の銀の雪【ネタバレなし感想・レビュー】

伊予原新さんの作品は初読。

図書館本で読み始めた。

5話からなる短編集だが諸事情により2話まで読んで返却。

1話目の表題作「八月の銀の雪」がかなり良かったので、それで満足してしまったのもある。

理系大学生の「堀川」に自分を重ね合わせ、コンビニのベトナム人店員「グエン」の話、秘密に気持ちが少しチクリとした。

2話も同様、ふと一歩踏み出せるきっかけをくれるような、心地よい読後感だった。

今年の本屋大賞6位の作品なので近々最後まで読んでみたいと思う。

メタトロン

よみかつぶろぐ的総評

八月の銀の雪
低評価
高評価

伊予原新 八月の銀の雪【みんなのつぶやき・感想】

https://twitter.com/Hikkun0202/status/1398249630488350729?s=20
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

伊予原新 その他のおすすめ作品

当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品をご紹介、適格販売により収入を得ています。

伊予原新 著 新潮社【八月の銀の雪】感想・レビュー【本屋大賞ノミネート作】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
記事の内容